よくあるご質問

貸主との賃貸借契約の中に「原状回復(スケルトン)義務」があるが、それでも造作の譲渡は認められるの?

賃貸借契約ではスケルトン義務がある場合が一般的ですが、それでも貸主との交渉によってそれを回避する事が可能です。
店舗買取り.comでは、長年の実績で培ったノウハウをもとに、貸主・不動産業者との交渉の一切を代行させて頂きます。